前へ
次へ

天気によって体調の良悪に影響するか

日常的によくある天気の種類として、晴れとくもりと雨があります。
それぞれの天気によって体調に変化か出やすい人がいるらしく、特に雨の日に体調が悪くなりやすい人がいます。
台風が近づいてくるときなどは最悪で、とても外出できるような状態でない人もいるようです。
晴れや雨になる原因として気圧配置があります。
高気圧に覆われている状態だと晴れやすくなります。
一方低気圧だと風雨が強まるときがあります。
高気圧と低気圧の境目は前線と言われて雨が降りやすくなります。
晴れだから、雨だからよりも気圧が体調に変化をきたしている可能性があります。
人の体の中には血液が流れていますが、人によってうまく流れている人と流れにくい人がいます。
雨の時は低気圧になりますが、その時に血液の流れに一定の変化をもたらしているのかもしれません。
単に頭痛がするぐらいならいいですが、脳に関する重大な病が隠れているときもあるので検査すると良いかもしれません。

Page Top