前へ
次へ

訪問看護を受けることの厳しさを知っておく

近年、訪問看護を受ける人の数が増えてきています。
それだけ需要が高いということですが、様々な壁があり、受けることが困難な人もいます。
誰でも訪問看護を受けることができるわけではない、ということもあります。
中でも回数の制限は大きな問題となってくることがあります。
1週間に利用をすることができる回数が決められていることが多いので、規定回数以上で対応をしてもらうともなると苦労をすることになります。
入院をして対応をしてもらうことができるのであれば解決することもありますが、終末期の場合には入院で対応をするということが難しいことも多いです。
今は訪問看護や終末期医療を専門に扱っている医療機関も増えてきました。
しかしまだまだ足りないということがあります。
それだけ利用をする人が多いということもあります。
介護保険が適用されて経済的な負担も軽減されることもありますが、それでも費用はかかってしまうので、お金のことも考えなければいけません。

Page Top